学費と生活費

専門学校に入学しようとしたとき、一番気になることは卒業までにお金がどれくらいかかるのかということだと思います。専門学校に入学する際は、入学金と授業料はもちろん、実習費と施設の設備費用などが必要になります。たとえば東京都内の専門学校に入学すると、初年度の納付金総額は平均で122万円です。施設や学科によってはどうしても総額が高めになってしまいます。そのため、入学に当たっては、入学金を含めた入学時納付金額とともにどれくらいお金がかかるのか確認しておく必要があります。

専門学校は教育内容が多彩ですので、給付金にも差があります。そのため、いろいろなことを確認しておく必要があります。例えば、授業料の分納は可能か、支払い時期はいつなのか、教科書代、教材代はいくらなのかです。これらのことはしっかりと確認しておく必要があり、分からないことや不明なことがあれば学校に問い合わせる必要もあるでしょう。

学校にかかるお金のほかに重要なのは生活費がいくらかかるのかということです。生活費は自宅から通えるのかそうではないのかで大きく変わります。都内で一人暮らしをする場合、一月平均で13万円近くかかります。そのため、学業とアルバイトを両立させる必要があり、そのためにしっかりとした心構えとスケジュール管理をする必要があります。

専門学校の選び方

専門学校に入ろうとした際、まずやらなくてはいけないことは専門学校とはどういうものなのかを知るということです。専門学校は、各都道府県知事の許可を得ています。無許可の学校では、通学の学割や公的な奨学金が適用されません。また、卒業したとしても正式に学歴にはなりません。そのため、学歴がほしい人はしっかりと許可を得ているのかを確認する必要があります。

専門学校を選ぶ際、ほとんどの人が自分のやりたいことを学べる学校を選ぶと思います。しかし、その際に重要になってくることは学科名が同じでも学ぶ内容が同じとは限らないということです。そのため、その学校について調べる必要があります。さらに、カリキュラムの内容とそれに見合った講師陣がいるのかもしっかりとチェックする必要があります。また、施設や設備も確認する必要があります。

参照ページ<専門学校のご案内|大原学園

施設や設備が整っていないと自分が成長できる可能性を低くしてしまうことにもなりかねないからです。
専門学校を卒業したとき、次に待っているのが就職です。そのため、就職率が高いかどうかの確認はしっかりとしておくべきでしょう。基本的に専門学校は安定した就職率が大きな強みですから、他の専門学校と比較することが大切です。

専門学校を選ぶ

大学や高校ではなく、専門学校に通いたいと考えられる事があります。また、社会人になって、転職のために専門学校に入り直すというケースも決して稀ではありません。しかし、入学する前にはいくつか考えておきたい事があります。当サイトでは、専門学校の選び方や学費などに関する情報を紹介しています。専門学校を検討している際にはまず、どのような場所なのかを知っておくと良いでしょう。主に各都道府県の許可を得ている事があり、卒業したら正式な学歴となるところがほとんどです。選び方についてですが、第一に考えておきたいのは、将来的につきたい職業を明確にしておく事です。専門学校という名だけあり、専門的な技術を学んでいく事を中心とします。なので、なりたい職業が明確になっていなければ、入る専門学校も選びづらくなります。

また、入学にあたってどれくらいの費用がかかるのかというのは気になる点ではないでしょうか。費用の項目としては、入学金や授業料、実習費、そのほか設備費用などがあげられます。どのようなジャンルの専門学校に通うかによって年間の費用は大きく変わってきますが、1年間に100万円ほどかかる事が一般的です。大学より年間にすると高額になる事がありますが、通う年数が少ない分、費用を抑えられているという考え方もできます。当サイトではこのような専門学校に関する情報を紹介しているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。