学費と生活費

専門学校に入学しようとしたとき、一番気になることは卒業までにお金がどれくらいかかるのかということだと思います。専門学校に入学する際は、入学金と授業料はもちろん、実習費と施設の設備費用などが必要になります。たとえば東京都内の専門学校に入学すると、初年度の納付金総額は平均で122万円です。施設や学科によってはどうしても総額が高めになってしまいます。そのため、入学に当たっては、入学金を含めた入学時納付金額とともにどれくらいお金がかかるのか確認しておく必要があります。

専門学校は教育内容が多彩ですので、給付金にも差があります。そのため、いろいろなことを確認しておく必要があります。例えば、授業料の分納は可能か、支払い時期はいつなのか、教科書代、教材代はいくらなのかです。これらのことはしっかりと確認しておく必要があり、分からないことや不明なことがあれば学校に問い合わせる必要もあるでしょう。

学校にかかるお金のほかに重要なのは生活費がいくらかかるのかということです。生活費は自宅から通えるのかそうではないのかで大きく変わります。都内で一人暮らしをする場合、一月平均で13万円近くかかります。そのため、学業とアルバイトを両立させる必要があり、そのためにしっかりとした心構えとスケジュール管理をする必要があります。